ドッグベストセメント療法

なるべく削らない、痛みの少ない、体にやさしい治療

 
 Doc's best cements(ドックベストセメント)療法は、今までの一般的な治療で行われてきたような麻酔をして歯を削るということはせずに、むし歯になったところにドックベストセメントという薬を塗ってむし歯を治す方法です。ドックベストセメントに含まれている様々なミネラルの力と、人が備え持つ修復力でむし歯になった部分を殺菌し元通りの硬い歯へと戻します 
 
 従来のむし歯治療では、神経を取っていたケースでもドックベストセメント療法にすることで神経を取るリスクが大幅減少しているとの報告が多数あります。 
 
 また、日本に普及してきたのは数年前ですがアメリカで開発されてから20年以上にもなり、その安全性や効果の継続性も実証されていますので安心して使えます。
 

殺菌成分と効果

 
 ドックベストセメントの成分には、銅、亜鉛、鉄、マグネシウム、銀が含まれており、その中でも銅が殺菌作用の役目を主に果たし、他のミネラルはむし歯で感染してしまった歯の再生に効果を発揮します。

 銅は昔から殺菌法の1つとして幅広く使用され、微量でも殺菌力が強いことが知られています。靴の中に10円玉を入れておくと細菌が銅の力で増殖せずに、消臭効果があると言われておりますが、まさにこの殺菌能力を利用しているのです。

ドッグベストセメント

 

それぞれの症状に合わせた治療法

初期のむし歯
 

初期のむし歯

 

ドックベストセメントの成分含んだ特殊な液を定期的に塗布するだけでも進行を防ぐことができます。

少し進行したむし歯
 

少し進行したむし歯

 

従来の治療なら、むし歯になっている部分を全てりきますが、ドックベストセメントを使用することで大切な歯をほとんど削らずに済ますことができます。また、歯をほとんど削ることがないので、治療中に歯がしみたり、痛みを感じたりすることがほとんどないなどの利点もあります。痛みを感じにくいので、麻酔をする機会も少なくなります。 

神経まで進行してしまったむし歯
 

神経まで進行してしまったむし歯

 

通常の治療では歯の中にある神経を取る必要がありましたが、ドックベストセメント療法では、むし歯部分もできるだけ除去せずに残すため神経を取るリスクが大幅に軽減されました。ドックベストセメントミネラル成分がむし歯によって溶かされて柔らかくなった歯を再び硬くし、持続的な殺菌作用により、再発を防止します。 

ドッグベストセメント療法のメリット

治療回数が通常1~2回で治せます。

通常の治療より削る量がはるかに少なくて済みます。

今までの一般的な治療では神経を取っていたケースでも、神経をとらずに済む可能性が大幅に向上します特にお子さまの生え替わったばかりの永久歯のむし治療に最適です。 
また麻酔をしたりすることがあまりありませんので麻酔が嫌いな方やお子様に最適な治療法す。

抗生物質が入っていないので、薬にアレルギーがある方にも安心して使用できます。

ドックベストセメント接している部分は永続的な殺菌効果が期待できます。

ドッグベストセメント療法の注意点

むし歯の進行具合によって治療が受けられない場合があります。
また、人により思い通りの治療結果にならない場合もあります。

保険が適用になりませんので自費診療になります。歯の状態により、8,000~12,000円です。
このほかに、詰め物がある場合には除去する費用が別途かかります。
ドックベストセメントのあとに歯の形態を回復する処置も別途費用がかかります。

金属アレルギーのある方には好ましくありません。

その歯全部がむし歯にならない歯になるわけではありません。

パイオニアの小峰先生の著書の巻末付録「実践するクリニック一覧」に掲載されました。

名医は虫歯を削らない
ドックベストセメント療法のパイオニアの小峰先生の著書の巻末付録
「ドックベストセメント療法を実践するクリニック一覧」に掲載していただきました。